育毛剤は発毛剤とは違う??

薄毛対策に関する商品には育毛剤発毛剤があります。
この2種類の違いを詳しく知っていますか?

名前は似ていますが、実は含まれている成分や効果など大きな違いがあります。
正しい知識を理解した上で効果的な薄毛対策を行いましょう。

「育毛剤と発毛剤」成分の違い

そもそも育毛剤とは現在残っている髪を育てるための商品です。
一方、発毛剤は髪のない部分から新しく髪を生やすための商品になります。

目的が異なるため、含まれている成分にも違いがあります。

育毛剤は髪の毛を育てることに特化しているので、頭皮に対して血行促進作用のある成分が多く含まれています。

センブリエキス・ミツイシコン・セファランチンなどが代表的な例です。
『センブリエキス』に含まれている成分が毛根に働きかけることで血行促進が期待できます。

頭皮の細胞を活性化させる効果もあるようです。
『M-034』は海藻から抽出される成分なので低刺激という特徴があります。

保湿効果もあり、有効成分として注目されています。
『セファラチン』は結核治療などにも使用される、非常に多彩な能力を持った成分です。

育毛剤にはこれらの成分に加えて髪の毛の元となる毛母細胞に働きかける成分も含まれていることがあります。
白薬子エキス・ビオチンなどがその例です。

発毛剤は髪の毛がない所から新たな髪を生やすため、体の内部から働きかけるものが多くなっています。

特に男性の薄毛対策に有効的な『フィナステリド』が有名です。
薄毛の原因となっている成分の増加を抑制し、脱毛を根本から改善できます。

血行を促進させる『ミノキシジル』も含まれていることが多くなっています。
タンパク質や再生因子の生産を促進し、血流を活発化させます。

発毛剤は有効的な成分が多い分、強い副作用が出ることもあります。

「育毛剤と発毛剤」あなたはどっちが合ってる?

育毛剤と発毛剤は使用目的が異なるので、ハゲ度合いやタイプによって使い分ける必要があります。

育毛剤は比較的多くの髪が残っている人に向いています。

薄毛を抑え、現状を維持できるかもしれません。
M字型の薄毛など血行が悪くなっているため薄毛が進行している人にも効果的です。

M字型の薄毛はおでこ部分に毛細血管が少ないことが原因となっています。
喫煙をする人も血管が収縮し、血行が悪くなりがちです。血行が悪くなりやすい人には血流を良くする成分が多い育毛剤がオススメです。

 

残っている髪が少なく、脱毛が進行している人は発毛剤の方が良いでしょう。

皮膚が見えてしまっている人や産毛程度しか生えていない人も同様です。
発毛剤は服用タイプが多いので、体の中から薄毛対策を行います。

脱毛の進行が比較的早い人も対策中に髪が減少する可能性があるため、発毛剤の方が向いています。
発毛剤は副作用が出ることもあるので医薬品に指定されているものがほとんどです。

副作用が比較的少ない育毛剤は医薬部外品が多くなっています。
アレルギー体質の人は副作用を発症しやすいので薄毛の度合いによらず、育毛剤を利用した方が良いかもしれません。

また、発毛剤は服用タイプが多いので妊娠中の女性は注意しましょう。
内臓疾患などを抱えている人も育毛剤の方が良いでしょう。

このようにハゲ度合いや体質によって育毛剤と発毛剤を使い分けることで、より効果的な薄毛対策が行えるはずです。

「育毛剤と発毛剤」価格の違い

価格にも違いがあり、医療部外品である育毛剤の方が比較的安く入手できます。
顧客満足度・おすすめ育毛剤・最も期待できる育毛剤の部門で1位に輝いた『CHAP UP』は非常にオススメです。

血行の悪化や毛穴の炎症を防ぐことで薄毛の進行を抑えます。
返金保証期間が無期限に設定されているので損はありません。

育毛剤のみで約7000円となり、その他の薄毛対策商品を購入すればさらに安くなります。

『BUBKA』は約6000円と非常に安い値段設定です。

薄毛対策に効果的な高濃度M-034を配合することで高い効果を実現しています。
ノンアルコール製法で頭皮にダメージを与えず、薄毛対策が行えます。

スプレータイプで使いやすい『Plantel』は生え際対策に効果的です。

約7000円で、1本約50日分の大容量となっています。
発毛を促進させながらフケ・かゆみを抑制する効果もあります。

1本で約2ヶ月分の大容量商品『POLYPURE EX』は約7000円です。


1本を長く使用できるのでランニングコストを抑えられます。
薄毛対策に効果的なセンブリエキス・ニンジン抽出液に加えて保湿成分バイオポリリン酸が含まれています。

以上の4商品が育毛剤となっています。
平均価格は約7000円です。
1本の容量が多い商品もあり、ランニングコストを抑えて対策が行えます。

 

実は国内で認可されている発毛剤は1つしかありません。

その商品こそ『リアップ』です。
有効成分ミノキシジルが配合されています。

特に壮年性脱毛症に効果があると言われています。
医薬品として扱われるので販売店によって異なる場合はありますが、価格は約7000円です。

また、発毛剤(発毛薬)には4000円~5000円程度で処方される錠剤もあります。
しかし、医師からの処方が必要となるので医療費が追加されます。

ランニングコストを考えると育毛剤よりも費用がかかると言って良いでしょう。

<育毛剤は発毛剤とは違う??/まとめ>

育毛剤は「現在の髪を育てる」、発毛剤は「新しく髪を生やす」ことを目的にしています。
そのため効果や価格に大きな違いがあります。
育毛剤は血行を改善し、現在の髪に栄養を届けやすくします。

価格は約7000円程度で大容量の商品も多くあります。
ランニングコストを考えた場合、非常にお得です。

一方、発毛剤は服用タイプが多く男性ホルモンなどに作用して発毛促進を行います。
育毛剤と同じように血行促進に効果的な成分が含まれているものも多いです。

体内から改善を図るので、副作用を発症する場合があります。
アレルギー体質や妊娠中の人は注意しましょう。
薄毛に対して根本的な解決を図るので高い効果が期待できます。

 

国内で唯一の発毛剤と認められている商品は約7000円です。
錠剤はもう少し安い価格のものもありますが、医師による診断を受けなければなりません。
そうすると薬代に医療費が追加され、育毛剤よりも比較的費用が必要となります。

これらの違いを理解していれば、自分に合った商品を選ぶことができます。
間違った商品で効果の少ない対策を続けても意味がありません。

商品によっては男性ホルモンに効果的なもの、男女問わず効果的なものがあるため女性は特に注意して商品を選ぶ必要があります。
センブリエキス・フィナステリド・ミノキシジルなど有効成分をチェックすれば効果の高い商品が見つかります。

自分の体質に合ったものを選び、効果的な薄毛対策を行いましょう。

 

 

特許取得!毛髪成長因子が450%UP《ハイブリッド育毛》女性用LP

 

 

<関連記事>

 

円形脱毛症で悩んでいる方、大丈夫ですよ!

頭皮がペタペタ、なんだか変な触り心地…っと思い鏡を見て、髪の毛を分けてペタペタする部分を見てみると、ハゲ!!
ショックでした・・・続きはこちら

 

20代で若白髪が生え始めた原因とハゲる可能性

自分はまだ20代で若いのに、白髪が生えてきたんだけど、これってヤバイのかな?
ハゲるのかな?と気になっている人もいるでしょう。
今回は、若白髪が生えて不安な人に、若白髪はハゲるのか、その原因について説明していきます。
続きはこちら

 

 

20代でも始まる抜け毛につながる7つの生活要因とは?!

通常髪の毛が完全に成長するまで抜けてしまうことはありませんが、
ヘアサイクルが乱れている人は、髪の毛が成長しきるまでに抜けてしまう悪循環に陥り、薄毛となってしまいます。
続きはこちら

 

 

 

 

関連記事

育毛

ヘアカラー白髪染め

コメントは受け付けていません。

フィトリフト +4℃の温感クレンジングでスッキリ!

【フィトリフト】ホットクレンジングゲル