20代で若白髪が生え始めた原因とハゲる可能性

自分はまだ20代で若いのに、白髪が生えてきたんだけど、これってヤバイのかな?
ハゲるのかな?と気になっている人もいるでしょう。

今回は、若白髪が生えて不安な人に、若白髪はハゲるのか、その原因について説明していきます。

白髪とは

そもそも、白髪とはメラニン色素が不足している状態により出来ることになります。
髪の毛が出来た時は、真っ白なのですが、その後メラニン色素の影響を受けて髪の色が変わっていくんですよね。

つまり、髪にメラニン色素が不足した状態であれば、髪の毛に色は着きませんので、白髪になるわけです。
白髪は、メラノサイトかチロシナーゼが働いてくれないと、発生することになります。

 

メラノサイトとは、メラニン色素の細胞のことです。

チロシナーゼは酵素のことです。

白髪の原因

最近まで、白髪は遺伝の影響が強いと考えられてきました。
実際、白髪には遺伝的要素も無関係ではありません。

ですが、白髪の原因は、複数考えられるため、必ずしも遺伝だけが白髪の原因だと特定することはできないのです。
最近では白髪の発生原因は、遺伝的な要素よりも生活環境による後天的な要素の方が密接に関わっていると考えられるようになってきました。

では生活環境による原因にはどのようなものがあるのか、説明していきます。

老化によるチロシナーゼの減少

メラニン色素を作るには、チロシナーゼという酵素がなります。
しかし、チロシナーゼは、年齢と一緒に体から減っていきます。

チロシナーゼが不足していると、メラノサイトが良好な状態だったとしても、メラニン色素を作ることは、難しくなります。
老化による白髪は、チロシナーゼがしっかりと働いていないことが原因の場合が多いです。

したがって、若白髪の場合は、チロシナーゼの減少以外が原因で発生していることが考えられます。

栄養不足

白髪は食事による影響を受けます。
髪の毛を健康な状態に維持するには、ミネラルや、ビタミン、タンパク質、アミノ酸などの栄養が必要になります。

食事の栄養バランスがおろそかになってしまうと、白髪の発生原因になります。
特にミネラルは、チロシナーゼに大きな影響を与える栄養素なので、しっかり摂取するようにしましょう。

特に、若白髪の原因になりやすいのは、栄養バランスの悪い偏食だったり、過度なダイエットだったりしますので、十分に注意して、食生活を送りましょう。

不規則な生活

日頃から不規則な生活をしていたりすると、自律神経のバランスを崩すことになります。
また、睡眠不足によっても、同じく自律神経のバランスを崩すことになります。

自律神経は成長ホルモンの分泌を促したり、血行を良くしてくれたりします。
自律神経のバランスが悪くななると、新陳代謝なども悪くなってしまいますので、白髪を生み出すきっかけになります。

過度なストレス

過度なストレスも、自律神経のバランスに悪影響を与える為、髪の毛に影響します。
ストレスによって、白髪が多くなってしまったというのはよくあることです。

また、白髪を気にして悩んでしまうと、さらにストレスを感じてして白髪が増えてしまう可能性があるので、気にしすぎには注意してください。

病気

病気が原因で、白髪が発生することがあります。
具体的に白髪に影響のある病気は、胃腸疾患や甲状腺疾患などです。

また病気を治すために使う薬の副作用によっても、白髪を増やしてしまう場合があります。
特に、ある日突然白髪増えた場合は、病気や、薬の副作用が原因の可能性が有ります。

その場合は、必ず医者に相談しましょう。
治療法を変更してもらったり、薬を変更してもらうことができるかもしれません。

若白髪が生えたらハゲる前兆なのか

若白髪の原因は説明してきた通り、遺伝や食生活、ストレス、病気などが考えられます。
特に、過度のストレスを受け続けると、円形脱毛症などの原因になります。

つまり、ストレスが原因で、若白髪と脱毛をを引き起こす可能性があるのです。

髪の毛の成長する時期に過度なストレスを受けると若白髪が生えやすくなります。
特に若い時期には、過剰なダイエットや栄養が偏ってしまう食事をする人も多いことから、髪の毛に悪影響を与えやすいのです。

結果として、若白髪になる原因は、ハゲる原因と同じなので、若白髪=ハゲになりやすいという状態になります。

若白髪があるとハゲないと言われる理由

しかし、一方で若白髪が生えているとハゲにくいというのは噂も有ります。
現状として、医学的に証明されていません。
医学的な根拠はないのですが、若白髪だとハゲないと考えられている理由は、2つあります。
「薄毛で困っている男性で白髪の人が少ないから」
「若白髪を抜くと、同じところから髪の毛がさらに生えてくるため、髪の毛の量はむしろ増える」

どちらの理由も説得力に欠けてしまいますが、ストレスが薄毛に大きな影響を与える事は間違いありません。
確かに、若白髪を指摘したり、からかったりする人はあまりいません。
むしろ、苦労しているのだと思われることが多いです。

しかし、若ハゲの場合は、恥ずかしいとストレスを感じる人も多く、またからかう人も多いのが日本の現状です。
それに比べて、若白髪の場合は、白髪が気になってしまい、髪の毛や体調管理を意識して生活しようとする人が増えることもあって、薄毛になる前に、しっかりと対策をとります。

したがって、若白髪になれば、ハゲないということはありません。
むしろ、若白髪になることは、ハゲやすいということになります。
だからこそ、若白髪は薄毛になるサインだと考え、事前に頭皮ケアや生活改善を行うのです。

若白髪を抜いてはいけない

白髪を見つけたら、ついつい抜いてしまいたくなる人もいるとでしょう。
その中には、若白髪は抜いたら、新しい髪の毛が生えてくるからという理由で抜く人もいます。

しかし、若白髪を見つけても、抜かないほうが良いです。
なぜなら、若白髪であっても、成長途中の髪の毛を抜いてしまうと、髪の毛の成長を妨げることになってしまい、また生えてくる髪の毛が、細くて弱々しくなってしまうのです。

基本的に、髪の毛を抜くという行為は、薄毛を助長する行為になります。
なので、ハゲになりたくない場合は、髪の毛を絶対に抜いてはいけません。

白髪を改善したい場合は、白髪を抜くのではなく、白髪を染めましょう。
白髪のままで格好良くてお洒落な短髪にしている男性もたくさんいます。
若白髪が生えてしまっても、避けるのではなく、うまく共存する方法を考える方が得策です。

20代で若白髪が生え始めた原因とハゲる可能性/まとめ

若白髪に気づいた時は、誰もがビックリして不安になることでしょう。
しかし、若白髪は、生活改善のサインと捉えることで、髪の毛だけではなく、体調の管理を気をつけるチャンスになるのです。

食生活の乱れ、不規則な生活、過度なストレスがないか今一度チェックしてみましょう。
早く気づいて、改善することによって、より健康な生活に営むことができます。

若白髪になっても、ストレスを感じないようにしましょう。
ここは、髪の毛をアレンジする良い機会だと考えて、新しいスタイリングをなるべく楽しむように行動することです。

 

ダメージ0のルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント
ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント

 

関連記事

育毛

ヘアカラー白髪染め

コメントは受け付けていません。

フィトリフト +4℃の温感クレンジングでスッキリ!

【フィトリフト】ホットクレンジングゲル