白髪染めで実年齢より若くなりたい!

こんにちは、あかねです。
年齢を重ねるにつれて気になってしまう白髪は、他人からの印象を左右します。
白髪があるだけで実年齢よりも上に見られることが多くなってしまいがちです。

これは男女問わずショックですよね。
実年齢よりも若く思ってもらえるように、髪の状態に合った適切な白髪染め対策を行いましょう。

白髪ってナゼなるの?

白髪になってしまう原因は主に4つあります。

つ目はメラニン色素を作っている色素細胞(メラノサイト)が上手く機能していない、『機能的要因』にあります。

髪の毛は毛母細胞で作られた段階では無色透明です。

メラニン色素が入らなければ黒色や茶色にはなりません。
そのため何らかの理由で髪にメラニン色素が届かないと白髪が発生します。


年齢が上がるにつれて色素細胞の機能も衰えてしまいます。
機能低下によってメラニン色素を上手く作ることができなくなれば、白髪の原因となってしまいます。

つ目に髪の材料になるタンパク質などの『栄養不足』が挙げられます。
タンパク質が分解された成分がメラニン色素の原料となるので、タンパク質が不足すれば髪にメラニン色素が入りません。
その他に髪の毛の生成に関わるカルシウム・ビタミンなどが不足した場合も白髪が発生してしまいます。

 

つ目は『過度なストレス』によるものです。
過度なストレスがかかると自律神経が乱れ、ホルモンバランスも悪くなります。色素細胞などが上手く機能しなくなり、結果的に白髪を発症してしまいます。

最後のつ目は『遺伝的な問題』です。
家族などに白髪の悩みを抱える人がいれば、自分も発症する確率が高くなります。
白髪は薄毛よりも遺伝的要因が高いと言われているので注意が必要です。

さまざまな原因がありますが、早い段階で適切な処置を行えば改善されるケースも少なくありません。
機能的要因は老化に伴って誰でも発症する可能性があるので栄養素要因と併せて健康的な食事や適度な運動を心掛け、老化を防止することが得策です。

過度なストレスに思い当たることがあれば、ストレスを解消する必要があります。

遺伝的要因は家族に白髪の悩みを抱える人がいれば、事前に適切な対処法などを理解しておくと良いかもしれません。
必ずしも遺伝するわけではないので、いざという時のために準備をしておくことが大切です。

白髪の特徴別な対処法

先程原因によって異なる対処法を説明しましたが、白髪の特徴によって適切な対処というものがあります。
白髪がまだ一部分で外出の時だけ部分的に染めたい人はヘアマスカラが向いています。

好きなタイミングで簡単に染めることができますが、髪に直接色を付けているだけなので効果は一時的です。
もう少し持続して染めたい人はヘアマニキュアが良いでしょう。
こちらも髪に色を付ける商品で、髪を洗う度に少しずつ色が落ちていきます。

白髪がかなり目立っている人はヘアカラーが効果的です。

市販品を利用して自宅で行うか、美容院に通う方法があります。
手間や費用が異なるので自分の都合に合わせて判断すると良いでしょう。

効果の持続性は店舗や商品によってさまざまなので優劣をつけることは難しいと言えます。
髪を全体的に染めることができ、効果は比較的長持ちします。

敏感肌の人にオススメなヘアカラートリートメントやシャンプー

敏感肌の人、または日頃から定期的なケアを行いたい人はヘアカラートリートメントやシャンプーがオススメです。
肌への刺激が低く、毎日手軽にケアできます。入浴時に商品を利用して髪を洗うだけで白髪対策を行えます。

どちらも髪が徐々に染まっていくタイプなので効果が出るまでに一定期間が必要です。
シャンプーとトリートメントを組み合わせて利用することで高い効果が期待できる商品もあります。

トリートメントタイプは白髪の範囲を問わず効果が期待できる方法です。道具などを用意する必要がないので面倒な手間をかけずに行えます。

染めてもすぐ目立つ白髪。どうすれば(泣)?

白髪染めを行っているのにすぐに目立ってしまう人は、自分の行っているケアが正しい方法かチェックしてみましょう。
ヘアカラーは比較的髪への刺激が大きくなっています。
頭皮が弱く敏感肌であるにも関わらずヘアカラーを繰り返していると、白髪の進行を早めてしまうこともあります。
そんな人は刺激の少ないトリートメントタイプへ変更した方が良いでしょう。

ヘアカラーは店舗や商品によって自分との相性があります。

何度も通っている、または使用しているのに改善されない場合は店舗や商品を変更すると良いかもしれません。

効果が出るまでに個人差はありますが、3ヶ月~5ヶ月程度を目安にして効果の度合いをチェックしましょう。

トリートメントタイプの使い方

トリートメントタイプは先程も述べたように徐々に染まるものなので一定期間が必要です。
最低でも3ヶ月程度はかかると考えておきましょう。また、適切な使用方法で行うことも重要です。
髪を洗う前に湯船に浸かり毛穴をしっかりと開きます。

シャワーで1分程度髪をしっかり濡らしてからトリートメントを手で泡立て、頭を揉むように優しく洗っていきます。
頭皮をマッサージするようなイメージです。
洗浄成分が残っていると頭皮の炎症などを引き起こす恐れがあるため、しっかりと洗い流すことが非常に大切になります。

タオルで拭く時は水分を吸い込むようにして優しく拭きます。また、洗浄成分が強い商品だと敏感肌の人は相性が良くないことも考えられます。
アミノ酸系など洗浄力が強すぎない商品を選びましょう。

 

白髪染めを繰り返している人は髪が傷んでしまい、染料が落ちやすくなります。
保湿成分や髪の栄養分となるタンパク質などが含まれている商品を選ぶと良いかもしれません。

それでも改善がみられない場合はヘッドスパなど、白髪対策や頭皮に効果のあるサロンへ行ってみるのも1つの方法です。
プロの目線で適確なアドバイスと施術を行ってもらうことで改善が期待できるかもしれません。

白髪染めで実年齢より若くなりたい!/まとめ

白髪染めトリートメントの中でも大人気口コミサイトで7冠を獲得した『ルプルプヘアカラートリートメント』は非常に高い評価を得ています。

植物由来の天然成分が配合されているので、頭皮へのダメージを抑えたケアができます。
手や風呂場に付着しても簡単に洗い流せます。無香料・無鉱物油の無添加処方です。


北海道函館産のカゴメ昆布『フコイダン』を使用している点が最大の特徴と言えます。
非常に貴重な原料で、独特の粘りが髪と頭皮を保護してくれます。
肌の表面に膜を張る高分子フコイダンと角質層まで浸透する低分子化フコイダンに分けることで、肌の奥から表面までしっかり保湿してくれます。

 

トリートメントを劣化から守るフレッシュ製法が採用されているので長期保存でも安心です。
利用者から高い実感率を誇り、特に肌に優しい商品として厚い支持を受けています。

 

 

従来の商品に多いアルカリ性ではなく、微アルカリ性となっています。

酸性とアルカリ性のメリットだけを組み合わせ、敏感肌の人でも安心して利用できる商品です。
非常にお手頃な価格でカラーは4色の展開になっています。

他の商品でなかなか効果が出ない、肌に優しいものを求めている人などはルプルプヘアカラートリートメントが非常にオススメです。
ダメージ0で効果の高い白髪染めが行えます。

白髪染めにおいて最も大切なのは『自分に合った商品と方法で行うこと』にあります。

自分の現状・口コミ・成分などを手掛かりにして自分に合った方法で適切な白髪ケアを行いましょう。

 

ガゴメ昆布が髪にとてもいいみたい(▼-▼*) ♪
↓詳しくはlplp(ルプルプ)公式サイトへ↓

≪ルプルプ通販サイト≫ガゴメ昆布の白髪染め
ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント

<ヘアカラー白髪染め/カテゴリー一覧>

関連記事

育毛

ヘアカラー白髪染め

コメントは受け付けていません。

フィトリフト +4℃の温感クレンジングでスッキリ!

【フィトリフト】ホットクレンジングゲル