「白髪染」トリートメントとフォームの違いとは?

白髪染めにはさまざまな種類があります。
それぞれメリットとデメリットが存在するので、自分に合ったタイプを利用すれば高い効果が期待できますヨ。

タイプ別の特性を理解することでメリットを最大限に生かすことができるはずです。
今回はトリートメントとフォームタイプに着目して徹底的に解説します。

「白髪染トリートメントとフォーム」あなたはどっち派?

トリートメントは毎日入浴時に使用できる白髪染めです。
フォームは泡タイプの白髪染めで、どちらも高い効果が期待できます。

そのため従来人気であったクリームタイプの白髪染めに代わって人気が高まりつつあります。
髪を全体的に染めることを得意としているという部分も共通しています。
一方で大きな違いもあるので商品購入時に間違えないように注意しなくてはいけませんね( ̄ー ̄?)…

トリートメントタイプは髪や頭皮への刺激が少なく、毎日手軽に行える方法です。

道具などを準備する必要もありません。
入浴時に泡立てて使用し、洗い流せば完了です。
しっかり洗うことで染まりにくい根本や生え際も染めることができます。

トリートメントは白髪を徐々に染めていくので自然な仕上がりとなり、周囲の人から気付かれにくい特徴もあります。
言い換えると完全に染まるまでに多少時間がかかるということです。
敏感肌の人や日頃から白髪染めのケアを行いたい人に向いています。

フォームは液ダレしにくく白髪染め初心者でも簡単に使えます。

液ダレの心配がないので自分では見えにくい後頭部なども染めることができます。
ブロック分けの必要もありません。

根元が染まりにくいことがあるので特に根元を丁寧にケアしましょう。
フォームは多くの商品が既に1剤と2剤が混ざっている状態で液が余った時はボトルに戻して保存できます。

このようにトリートメントとフォームにはさまざまな違いがあります。
最も大きな違いはフォームは髪を傷めてしまいやすいということです。

トリートメントは低刺激なので敏感肌の人はフォームよりもトリートメントの方が良いでしょう。
しかし、泡タイプも低刺激の商品がたくさん販売されています。

敏感肌やアレルギー体質の人はそれらの商品をチェックするべきです。
違いを理解していれば自分に合った商品を選ぶことができます。

「白髪染トリートメントとフォーム」どっちが染まりやすいの?

先程述べたようにトリートメントとフォームは刺激の強さに違いがあります。
それは成分の違いによるものです。
トリートメントは入浴時に使用するため、肌に刺激のある化学成分がほとんど含まれていません。

それに比べてフォームの成分はクリームタイプなど従来の白髪染めと同じで化学染料が含まれているものが多くなっています。
そのためフォームは髪を傷めやすいので染めたい部分にだけ使用するべきです。
刺激の面で考えるとトリートメントの方が安全性に優れています。

フォームは白髪が気になった時に使用するものですが、トリートメントは毎日のケアに使用します。

トリートメントは通常のシャンプーなどよりは価格が高く、ランニングコストがかかってしまいます。
また、洗髪時間にも違いがあります。

トリートメントは洗った後10分程度と短時間放置する商品がほとんどです。
フォームは20分~30分程度放置しなければなりません。

より手軽に利用できるのはトリートメントと言えそうです。

どちらも全体を染め上げることを得意としていますが、根元の染まり具合に違いが出てきます。
トリートメントは入浴時に使用するという点を除けばクリームタイプと同じです。

クリームタイプと同じように、液をしっかり浸透させることができるので根本までしっかり染まります。
泡タイプは根元が染まりにくいという弱点があります。

気になる白髪が根元に集中している場合はトリートメントの方が向いているかもしれません。

染まりやすさは使用する人の体質によって異なります。
そのためトリートメントとフォームの場合はどちらが染まりやすいと断定するのは非常に難しいと言えます。

敏感肌の人や根本の白髪が気になる人はトリートメントの方が染まりやすく、即効性を求める場合はフォームの方が染まりやすいです。
目的や体質に応じて使い分けることで最も染めやすいケアが行えます。

「白髪染トリートメントとフォーム」口コミ評価・人気が高い商品は?

『利尻ヘアカラートリートメント』は5年連続売上1位を獲得する無添加商品です。

4つのイオンカラーで傷んだ髪に作用し、ナノ分子カラーで髪の奥からしっかり染め上げます。
多くの栄養素を含む利尻昆布を含み、傷んだ髪をケアしながら白髪染めが行えます。

艶のある髪に戻ったなど高い実感率を誇ります。

 

『LPLP ヘアカラートリートメント』はミネラルたっぷりの海洋深層水が配合されています。

髪や肌に優しく、風呂場の壁などに液が付着しても簡単に洗い流せます。
最大の特徴は貴重なガゴメ昆布「フコダイン」です。

高分子と低分子化によって、肌の奥から表面までしっかり保湿してくれます。
微アルカリ性なので髪が染まりやすく痛みにくい商品です。

ダメージが0は本当だったなど、高い効果と髪に優しい部分が利用者から高い評価を得ています。

 

『グローイングショット』は放置時間5分で簡単に染めることができます。

大きさの異なるカラー成分によって髪の内側と外側からケアを行います。
傷んだ髪と頭皮をケアする成分を含み髪を補修しながら白髪染めができます。

髪のダメージが改善されたと効果を実感している人が多いようです。

 

フォームで人気を誇るのは『KIRARI』です。

独自開発成分「ヘアキューブ」は髪にダメージを与えず、髪の内側まで成分を届けます。
泡が髪1本1本をしっかり染め上げ、高い効果が期待できます。

19種類の天然成分で髪の補修にも効果的です。
「1回で濃い色に染まった」「白髪が気にならない」など、1回の使用でも高い効果が実現しています。

『ブローネ 泡カラー』はクリームとフォームの良い所だけを組み合わせた商品です。

揉み込むほどに泡がクリームのように変化し、根本までしっかり染め上げます。
クリームと泡の組み合わせで効果抜群と、初心者でも利用しやすい商品です。

「白髪染」トリートメントとフォームの違いとは?/まとめ

白髪染めにはさまざまな種類があり、トリートメントとフォームは効果の高さが評価され人気を高めています。

トリートメントは入浴時に商品を使用して髪を洗うだけで白髪染めが行えます。
染まりにくい根元までしっかり染め上げることができます。
徐々に染まることで自然な仕上がりとなりますが、完全に染まるまでには一定期間が必要です。

一方フォームは液ダレの心配がなく、白髪染め初心者でも利用しやすくなっています。
自分では見えにくい後頭部なども染めることができ、余った分はボトルに戻して保管できます。
しかし、低刺激なトリートメントと違って髪を傷めやすい特徴があります。

敏感肌やアレルギー体質の人はトリートメントの方が良いかもしれません。

 

どちらも染まりやすさには定評があり、最大限に効果を発揮させるためには自分に合った商品を使うことが大切です。
根本の白髪を染めたい時はトリートメント、急いで染めたい時はフォームというように自分の体質や目的に応じて使い分けましょう。

商品を選ぶ際に口コミを参考にするのも賢い手段と言えます。
トリートメントは使用前に湯船へ使って毛穴を開くと液が髪の奥まで浸透しやすくなり、高い効果が期待できます。
成分が残っていると頭皮の炎症を引き起こす恐れがあるので、きっちり洗い流すことも大切です。

フォームを使用する場合は入浴時のシャンプーをアミノ酸系に変えると良いかもしれません。
洗浄成分がそれほど強くないので白髪染めの効果を長持ちさせることができます。
自分に合ったタイプを選択し、効果的な白髪染めを行いましょう。

 

≪ルプルプ通販サイト≫ガゴメ昆布の白髪染め
ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント

 

<関連記事>

 

芸能人はどんな白髪染めを使っているの?

いつも髪が綺麗な芸能人の方々に憧れてしまいます。
そんな芸能人の方々も私達でも手に入るヘアケア製品、LPLPシリーズを使っているってご存知でしたか?
続きはこちら

 

美しい白髪染めには理由があります

白髪染めを使うことで逆に白髪が増えるようでは元も子もありません。
そこで今回は髪を傷めない白髪染めについてご紹介します。
続きはこちら

 

どの部分の白髪が目立ちますか?それぞれの対処法


 「白髪染め」いつする?どうやる?


20代で若白髪が生え始めた原因とハゲる可能性


白髪染めで実年齢より若くなりたい!


自然由来の原料によるヘアカラー

関連記事

育毛

ヘアカラー白髪染め

コメントは受け付けていません。

フィトリフト +4℃の温感クレンジングでスッキリ!

【フィトリフト】ホットクレンジングゲル