超敏感肌のコスメの選び方【無添加・自然派コスメは本当に大丈夫?】

超敏感肌だから、コスメを選ぶときは
無添加化粧品、もしくは自然派化粧品かどうかということを
チェックしてから購入していたりしませんか?

たしかに「無添加」とか「自然派」と書いてあると
なんとなく安心感がありますし、お肌にも優しいイメージを持ちますよね。

ですが、実は100%お肌に優しいとは言い切れないのです。

無添加化粧品は存在しない!?

化粧品の基準などを定めている国の法律「薬事法」では、
「無添加」とか「自然派」と言った言葉の定義について特に基準を決めていません。

無添加や自然派という言葉は化粧品メーカーが作ったものです。

どういったものに対して表示するかなどといったことは各メーカーの判断になるので、基準はまちまちです。 多いのは、旧表示指定成分(アレルギーなどが発生する恐れのある成分)を 配合していなければ「無添加」と表示しているものが多いようです。

でも表示成分にそれらの成分が書かれていなくてもキャリーオーバーという成分に使われている場合もあります。

キャリーオーバーというのは化粧品を製造する際にほんの少しだけしか使っていなかったら表示しなくても良いと法律で決まっているもののことです。

キャリーオーバーが肌にもたらす影響

たとえば、植物から美容成分を抽出する際に、よくアルコールが使われるのですが
これはほんの少しの量なので「キャリーオーバー」と考えられます。

だからアルコールを使って製造していても
アルコールフリーと謳うことができるのです。

でもアルコールに敏感な方にとってはほんの少しの量と言っても それだけで肌に症状が出てしまいますから たまったものではありませんよね。

自分の目で確認しよう

ほんの少しでも植物成分を配合していれば、「自然派」と 銘打っているメーカーもあります。

なので「自然派」「無添加」と書かれているから安心と思わずに 自分の目で何が入っていて何が入っていないのか確認することが大切です。
メーカーに問い合わせるのもひとつの方法です。

敏感肌の人の基礎化粧品を選ぶ基準

敏感肌の方は人によって合わないものや刺激を感じる成分が違います。
ですので配合成分の数が少ないもの(7つ以下が好ましい)を 選ぶ基準にしても良いかと思います。

それから界面活性剤や高分子ポリマーという成分が入っているものは 肌負担が大きいので避けたほうが無難ですよヽ(*’0’*)ツ

関連記事

育毛

ヘアカラー白髪染め

コメントは受け付けていません。

フィトリフト +4℃の温感クレンジングでスッキリ!

【フィトリフト】ホットクレンジングゲル