パントエア菌LPSは化粧品革命か!?

2011年にフランスの研究者がノーベル生理学賞を受賞したことから医療の分野で注目されているパントエア菌LPS。
実はこのパントエア菌LPSは美容の分野でも大きな注目を集めているんです。

そこで今回は化粧品の世界に革命を起こすかもしれないと噂されているパントエア菌LPSの効果や特徴についてご説明します。

「パントエア菌LPS」ってなに?

パントエア菌

パントエア菌は自然界に存在する細菌で大腸菌やサルモネラ菌などと同じグラム陰性菌の一種です。
このパントエア菌の中には「LPS(リポポリサッカライド)」という成分が含まれています。
LPSは日本語で「リポ多糖」や「糖脂質」と呼ばれることもあります。

最近の研究によって、このパントエア菌の持つ成分であるLPSが体内の免疫細胞を活性化させるために高い効果を持つことが分かってきました。

パントエア菌LPSの摂取方法

パントエア菌LPSは体内で作ることができないため、体外から食事によって摂取する必要があります。
ではどのような食物に含まれているかと言うと、それは小麦や果物などです。
パントエア菌はこれらの植物と共生していて、例えばパンを作るときの発酵を助ける働きなどをしています。

またパントエア菌は土壌や空気中にも浮遊しているため、私達は普段の呼吸の中でも自然に体内に取り入れています。
そのため本来パントエア菌LPSは日常生活の中で誰もが当たり前に摂取していたのですが、近年先進国では過剰な殺菌や除菌によってこのパントエア菌が生活圏内から姿を消しつつあります。

 

実はこの免疫細胞を活性化させるパントエア菌LPSの摂取量が減ったことと、不規則な生活やストレスによって免疫細胞が衰えたことが先進国でアトピーやアレルギーなどの症状に悩む人が増えた原因なのではないかと言われています。

そのためパントエア菌LPSを積極的に摂取することが免疫細胞を活性化させるために効果的な方法の一つと言われているのです。

「パントエア菌LPS」の自然免疫力が凄い!

パントエア菌LPSの効果①

ではパントエア菌LPSは免疫細胞の活性化にどのような効果をもたらすのでしょうか?
免疫細胞は白血球の一種でマクロファージとも呼ばれています。
マクロファージは貪食細胞とも呼ばれ、体内で細菌やウイルス、癌細胞などを食べて処理してくれます。

また体内の臓器や皮膚、筋肉などあらゆるところに存在していて、私達の日々の健康を守ってくれているのです。

 

マクロファージは美肌にも効果がある。

マクロファージの活性化は体の健康だけでなく、美肌にも効果があることが分かっています。
これは肌が外界からの刺激が最も直接的に入る器官のため、肌の細胞はどこも免疫機能と深くかかわりがあるからです。
例えば古くなった細胞や老廃物を除去するのもマクロファージが行いますし、新しい細胞が生まれる時にそれを助けるのもマクロファージです。

また紫外線や熱などで傷ついた肌もマクロファージが治します。
さらに傷口から侵入した病原菌を外へ排除するのもマクロファージの役割です。

このように皮膚のマクロファージは肌の美しさと非常に密接に関係していることが分かるでしょう。
このマクロファージにはLPSをキャッチするレセプター(受容体)があります。

そして体内に摂取されたLPSがこのレセプターにくっつくとマクロファージの機能が活発になり、さらにその情報が体中の他の細胞にも伝わっていくことで体全体の免疫力が活性化されます。

このような全体の仕組みのことを「自然免疫」と言い、LPSの摂取はマクロファージを活性化させて自然免疫力を高めることができる効果的な方法の一つなのです。

「パントエア菌LPS」の効果と使い方

パントエア菌LPSの効果②

パントエア菌LPSを摂取することによる効果はアトピーや花粉症などのアレルギーの制御や美肌効果だけではありません。
糖尿病は高血糖の状態が慢性的に続くことで体内に「AGEs」という物質が大量発生してしまうことが原因ですが、この「AGEs」もLPSで活性化したマクロファージが退治してくれます。

またマクロファージは骨の生成も助けるので、骨粗しょう症にも効果があることが分かっています。

このパントエア菌LPSを摂取するために効果的な食べ物としては、玄米が挙げられます。
玄米の周りについているヌカの部分に多くのパントエア菌が付着しているためです。
玄米一膳で一日に必要な摂取量のおよそ半分を摂取することができます。

また同じ程度の量が含まれている食材として十割そばが上げられます。
そのほかメカブなどの海藻類にも多く含まれていますし、レンコンにも多く含まれています。

 

パントエア菌LPSの体内への影響とは?

このパントエア菌LPSはたとえ摂取し過ぎたとしても体内に悪影響がでることはないのもうれしいポイントです。
子どもからお年寄りまで、誰が食べてもまったく問題ありませんし、むしろ子どもの頃から日常的に摂取することで風邪を引きにくくなったり病気になりにくかったりする健康的な体になることができると言われています。

とは言えパントエア菌LPSを一度にたくさん摂取したからといって、その分より効果が増えるというわけではありません。
あくまでも毎日継続的に摂取し続けることが大切です。

パントエア菌LPSは化粧品革命か!?/まとめ

免疫細胞を活性化させるパントエア菌LPSはマクロファージを活性化させることによって体を様々な病気から守ってくれるので毎日の健康に欠かせない成分です。
ところが、実はパントエア菌LPSにはもう一つうれしい作用があります。

それは食べて摂取するだけでなく、肌に直接塗ることでもその効果を発揮してくれるということです。
そのためこのパントエア菌LPSの成分を配合した化粧水も販売されており、そういった化粧水はコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの生成をサポートしてくれますので、美肌対策におすすめです。


またパントエア菌LPSは顔の皮膚のマクロファージを活性化させますので、古い角質や肌に付着した汚れを落ちやすくするクリアランス機能を高めます。
そして肌の新陳代謝を活性化させるため、ターンオーバーを促進する効果もあります。
さらに肌をヒーリングする働きへとつながることも重要なポイントです。

これらのことからもパントエア菌LPSは化粧品にもうってつけの夢のような成分だと言えるでしょう。
今はまだ販売されている商品の数はそこまで多くはないですが、この先パントエア菌LPS配合の化粧品の数がより増えてゆくことも予想されます。

そうなればもしかしたらこの先、パントエア菌LPSが化粧品全体を変える革命的な成分となるかもしれません。
肌荒れがひどいという人や年齢肌に悩んでいる人、肌のトラブルに悩んでいる人は一度試してみてはいかがでしょうか。

パントエア菌から得られた糖脂質「フィト発酵エキス」配合のフィトリフト。私も使っています。

もちろん、私も使用して実感します。
さすが美容成分99.7%配合の実力。
↓公式サイトはこちらから確認できます↓

美容成分99.7%!驚愕のハリネット処方で、速効!「10秒」でピーン!
ハリ肌コスメ『フィトリフト』
フィトリフト

<関連記事>

オールインワンジェルは「フィト発酵エキス」!

プラセンタ・コラーゲン・ヒアルロン酸など有効成分が含まれている商品の人気が高くなっていますが、最近は『フィト発酵エキス』という成分が注目されていますよね。
フィト発酵エキスは従来の美容成分よりも非常に高い効果が期待できる成分のようです。続きはこちら

 

関連記事

育毛

ヘアカラー白髪染め

コメントは受け付けていません。

フィトリフト +4℃の温感クレンジングでスッキリ!

【フィトリフト】ホットクレンジングゲル